おみのさんのぐでだら日記

小並感傾向なチラ裏的ブログ

掌編小説アンソロジーに寄稿した話

発行から随分と日が経ってしまったんですが、おっさんと少女をテーマにした掌編小説アンソロジー「掌を繋いで」に参加しました。全編オリジナルの同人誌になります。

tobiharu.noor.jp

昨年の12月に参加を決めてからどんな内容がいいかなぁとぼんやり考えて出てきたのが「書店」「おっさんふたり」「なんか秘密に溢れてる」でした。書くならほんわかするやりとりにしたいというのはあったので設定として3つの要素を詰め込むと決めた結果、ページ数の関係で端々に謎感が出るという。そういったものも含めて楽しんでいただけたらなと。

(ちょっとだけ補足するならば、おっさんふたりの性格は態度どおりではありません)

なお、本書はアリスブックスさんで通販中とのことです。多様多種多彩なおっさんと少女の話で溢れていますので気になった方はチェックしていただけたらと思います。

alice-books.com

ツイッター上の感想もいくつか拝見させていただきました。ツイートしてくださった方には感謝の気持ちでいっぱいです。とても励みになります。ありがとうございます。主催の飛瀬さんがアンソロジーの感想をtogetterにまとめてくださってますので参考までにどうぞ。

togetter.com

ちなみにツイッターではすでにお知らせ済みですが、寄稿した作品のウェブ再録はありません。ただ、同作を元に別の形でお目見えする可能性はあります。そのときはおっさんふたりがメインの予定です。